にほんのニュース

日本の中で起きた様々なニュースをジャンル問わず、ひろーく・ゆるーく紹介していきます( `・∀・´)ノ

    カテゴリ:国内ニュース > 政治


    【悲劇】やっぱ年金100年安心は嘘だったの?野党追及へ・・・


    NO.7525261
    「年金100年安心は嘘だった」野党追及 安倍首相は反論を強調
    「年金100年安心は嘘だった」野党追及 安倍首相は反論を強調
    95歳まで生きるには、夫婦で2,000万円の蓄えが必要と試算した、金融庁審議会ワーキンググループの報告書について、安倍首相は、10日の参議院決算委員会で、「不正確であり、誤解を与えるものだった」と釈明した。

    立憲民主党・蓮舫副代表は「総理、日本は一生懸命働いて給料をもらって、勤め上げて退職金をもらって、年金をいただいて、それでも65歳から30年生きると(老後)2,000万円ないと生活が行き詰まる、そんな国なんですか」と述べた。

    安倍首相は「これは金融庁から発表された数字なんだろうと思いますが、これは不正確であり、誤解を与えるものであったと」と述べた。

    さらに、立憲民主党の蓮舫副代表が、「年金100年安心がうそだったと国民は怒っている」と追及したのに対し、安倍首相は「そうではない」と反論し、「今年度において年金は0.1%の増額改定となった。現在の受給者、将来世代の双方にとってプラスだ」と強調した。

    また、金融庁審議会ワーキンググループの報告書について麻生金融担当相は、「冒頭の一部、目を通した。全体を読んでいるわけではない」と述べた。

    これに対し、蓮舫氏は、「これだけ国民の間に怒りがまん延して大問題になっ..



    【日時】2019年06月11日 08:00
    【ソース】FNN


    【【悲劇】やっぱ年金100年安心は嘘だったの?野党追及へ・・・】の続きを読む



    NO.7525673
    「国民を甘やかすな」タチが悪い財務官僚の特権意識
    「国民を甘やかすな」タチが悪い財務官僚の特権意識
    ■田中秀臣(上武大学ビジネス情報学部教授)
    世界的な経済政策論争の焦点が「緊縮政策」か「反緊縮政策」かという対立にあることは、2008年のリーマンショック前後から顕在化していた。

    日本では、90年代から続く長期停滞で、既にこの論争の対立軸に沿った経済政策の是非が長い間争われている。

    今日、話題の中心である消費増税を巡る論争も、緊縮と反緊縮の路線対立だといえる。

    日本経済新聞などは、安倍晋三首相が10月の消費税率10%引き上げを決定し、噂される今夏の衆参同日選挙は回避の方向で動いていると観測記事を出した。

    だが、この観測が正しいかどうかはもちろんわからない。

    筆者は、嘉悦大の高橋洋一教授と月刊誌『WiLL』(2019年7月号)で、消費増税が実施されるか否かについて、いくつかの政治的シナリオを具体的に提起しながら対談した。

    高橋教授も筆者も、一つの可能性として、安倍首相が外交的な成果によって支持率を高め、消費増税を延期せずに参院選だけを行う可能性を議論した。

    対談はトランプ米大統領の訪日前に収録されたので、そのときの外交上の成果は、安倍首相が訪朝して拉致問題などで進展を見るこ..



    【日時】2019年06月11日
    【ソース】iRONNA


    【【最悪】タチが悪い財務官僚の特権意識】の続きを読む


    【福岡・朗報】G20中銀総裁会議にて豚骨ラーメンが人気!!!


    なぜ・・・??

    【【福岡・朗報】G20中銀総裁会議にて豚骨ラーメンが人気!!!】の続きを読む


    【マジで⁉】国民年金が免除?知らないと損する「お金の制度」



    【【マジで⁉】国民年金が免除?知らないと損する「お金の制度」】の続きを読む



    NO.7522834
    イージス・アショア説明会 防衛省が居眠り謝罪
    イージス・アショア説明会 防衛省が居眠り謝罪
    地上型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、防衛省は住民への説明会で職員が居眠りをしていたとして謝罪しました。

    防衛省東北防衛局・伊藤茂樹局長 :「住民説明会という非常に重要な場におきまして、このような行為を行ったことにつきまして本人も深く反省しており、私からも深くおわび申し上げます」

    秋田市で8日に開かれた陸上自衛隊新屋演習場へのイージス・アショア配備についての住民説明会では、防衛省の職員の一人が居眠りをしていたとして参加者から怒りの声が上がっていました。

    9日の説明会では配備について住民から疑問の声が相次ぎましたが、防衛省側からは、新屋演習場を選んだ理由について具体的な説明はありませんでした。

    参加した住民:「住宅地に近いし、あの説明だけではちょっと納得できないですね」

    この問題を巡っては、防衛省が県と秋田市に演習場が配備に適しているとする調査結果を伝えた際、データに誤りがあったことも分かっています。



    【日時】2019年06月10日 00:41
    【ソース】テレ朝news


    【【ネタ】イージス・アショア説明会 防衛省が居眠り謝罪】の続きを読む

    このページのトップヘ