にほんのニュース

日本の中で起きた様々なニュースをジャンル問わず、ひろーく・ゆるーく紹介していきます( `・∀・´)ノ

    カテゴリ:国内ニュース > 事故


    【調査】危険運転に遭遇したことがある人の割合とは



    (出典 toyotageek.net)



    車で叫ぶ女性(bee32/iStock/Thinkstock)

    東京・池袋で高齢者が運転する乗用車が暴走した事故や、兵庫県神戸市での市営バスによる暴走事故など、痛ましい事件が続いている。

    また、あおり運転や飲酒運転などの悪質な運転による事故も多く、ルールを守っていても巻き込まれてしまうことがあり、防ぎようがないのも実情だ。危険な運転は、どれほど我々の身に迫っているのだろうか。

     

    ■5割が危険運転に遭遇

    しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の49.5%が「危険な運転に遭遇または目撃したことがある」と回答した。

    危険運転

    自動車を運転する機会が多いためか、男性53.6%、女性45.8%と危険運転遭遇率はやや男性のほうが高いようだ。

     

    ■誰にでも起こりうる?

    この調査結果を男女年代別で見てみると…

    危険運転

    もっとも割合が高いのは50代男性で60.1%。10代男性が59.3%で続く。男女ともに世代によってバラつきが見られるのが特徴的だ。危険な運転に遭遇する可能性は誰にでもあるのだろう。

     

    ■雄大な景色には用心?

    また、この結果を地域別で見てみると、危険運転が多く目撃されている地域が見えてきた。

    危険運転

    もっとも危険運転遭遇率が高いのは北海道で、60.0%であった。北海道といえば雄大な景色が広がる土地として有名だ。良い景色に思わず開放的な気分になり、ついスピードを出しすぎてしまったり、無茶な運転をしてしまったりするのだろうか。

    対して、首都圏の割合は43.6%でもっとも低いことが判明。交通量が多く狭い道路が多数存在する首都圏では、危険な運転をすると事故に直結しやすいため、慎重に運転している人が多いのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→【法律コラム】3人に1人が遭遇…もし逆走車に出会ってしまったら!?

    (文/しらべぇ編集部・赤坂

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日2019年3月27日
    対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

    痛ましい事故の恐れも… 危険運転に遭遇したことがある人の割合とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【調査】危険運転に遭遇したことがある人の割合とは】の続きを読む


    【なぞ】池袋暴走事故 元官僚が逮捕されないのはなぜ?


    NO.7513659
    池袋暴走事故 元官僚が逮捕されないのはなぜ?経歴忖度の指摘
    池袋暴走事故 元官僚が逮捕されないのはなぜ?経歴忖度の指摘
    「週刊文春」2019年5月23日号の「高齢者運転」特集を受けて、読者から質問が次々と寄せられた。

    その数、過去最多の570通超。

    そこで医師や学者など専門家に再び徹底取材。

    人身事故の賠償額や踏み間違いが多い理由、最新の事故防止グッズまで全ての疑問に答える大反響第2弾!

    「申し訳ありません」

    5月18日、両手で杖を突きながら、サングラスにマスク姿で目白署から現れた元工業技術院長の飯塚幸三容疑者(87)。

    飯塚が運転するプリウスが池袋の路上で暴走し、母子2人が犠牲になってから約1カ月が経った。

    この事故を機に、多くの人が強い関心を抱く高齢者運転。

    まずは最も多く寄せられたこの疑問から答えていきたい。

    “否認”しているのに逮捕されないのはなぜか

    (1)大津の事故では女性ドライバーが逮捕されたのに、池袋の事故では元通産官僚は逮捕されない。警察の忖度があるのか?(41・男)

    社会部デスクの解説。

    「逮捕はあくまで捜査の一手段で“懲罰”ではありません。証拠隠滅や逃亡の恐れがないと判断した場合は逮捕しないのが原則。今回は本人が事故を起こしたことを認め、車やドライブレコーダーなどの証拠は押収済み..



    【日時】2019年06月03日
    【ソース】週刊文春


    【【なぞ】池袋暴走事故 元官僚が逮捕されないのはなぜ?】の続きを読む



    NO.7516660
    駅前の歩道にタクシー乗り上げ 80歳運転手「誤ってアクセル」
    駅前の歩道にタクシー乗り上げ 80歳運転手「誤ってアクセル」
    7日朝、千葉県でタクシーが駅前の歩道に突っ込み、通路の壁に激突する事故があった。

    運転手は80歳で、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話している。

    7日午前6時半ごろ、千葉市美浜区のJR海浜幕張駅の南口のタクシー乗り場で、「タクシーが歩道に突っ込んだ」と110番通報があった。

    タクシーは、フェンスをなぎ倒して歩道に突っ込み、通路の壁に激突した。

    けが人はいなかったが、歩道のフェンスや壁の一部が壊れ、通行が規制された。

    運転手は80歳で、警察の調べに対し、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」と話している。



    【日時】2019年06月07日 11:38
    【ソース】FNN


    【【ここでも】駅前の歩道にタクシー乗り上げ 80歳運転手「誤ってアクセル」】の続きを読む


    【名古屋・事故】名古屋・錦三丁目で高齢者ドライバーの交通事故


    NO.7515720
    名古屋・錦三丁目で高齢者ドライバーの交通事故が発生
    名古屋・錦三丁目で高齢者ドライバーの交通事故が発生
    連日、日本全国で高齢者ドライバーの交通事故が問題となっています。

    我々『名古屋の探偵』が調査活動を行う『名古屋市』でも、同じ様な交通事故が発生してしまった。

    令和元年6月6日・午後3時頃、事故は愛知県で一番メジャーな繁華街『錦三丁目』で起きました。

    『名古屋国際ホテル』の地下駐車場から、高齢者マークが貼られた銀色のトヨタ・プログレ車輌が猛スピードで出て来て、『錦通り』を走行していた白色のワゴン車と衝突。

    プログレ車輌は中央分離帯の植木に衝突して停車し、ワゴン車は横転して更に停車していたタクシーと衝突した模様。

    植木に衝突している、高齢者マークの貼られたプログレ車輌。

    横転しているワゴン車。

    プログレ車輌は87歳の男性弁護士が運転しており、妻と思われる同年代の女性も乗車していたとの事である。

    現場は、事故発生から1時間が過ぎても警察官、メディア及び、見物客が入り混じる騒然とした雰囲気であり、事故車輌からは事故の衝撃の凄さが見て取れる。

    上2台、事故車両の様子。

    事故の状況からして、近年よくニュースで取り上げられている、高齢者ドライバーの“ブレーキとアクセルの踏み間違い”が考えられるが、事故現場付近で働く40代男性は、「最近、錦三(きんさん)辺りは呪われているのかも知れない。少し前には殺人事件もあったし…。いっぺんお祓いをしてもらった方が良いかもな…」と、神妙な面持ちでつぶやいていた。

    愛知県は、交通死亡事故16年連続ワースト1位を記録する勢いですが、これを改善するには高齢者ドライバーの免許返納を呼びかける以外に、お祓いも必要なのかも知れない!

    ※「錦三」とは「錦三丁目」の通称。
    【日時】2019年06月07日
    【提供】探偵ファイル
    【関連掲示板】


    【【名古屋・事故】名古屋・錦三丁目で高齢者ドライバーの交通事故】の続きを読む


    【横浜・脱線】地下鉄ブルーライン・・・




    【【横浜・脱線】地下鉄ブルーライン・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ