にほんのニュース

日本の中で起きた様々なニュースをジャンル問わず、ひろーく・ゆるーく紹介していきます( `・∀・´)ノ

    2020年05月



    (出典 news.tbs.co.jp)


    増えてるじゃん!!!

    【【コロナ】東京都で新たに22人が感染!→増加傾向・・・】の続きを読む



    (出典 www.ntv.co.jp)


    大丈夫か???

    【【東京都】6月1日に緩和第2段階へ!劇場や映画館、幅広く対象に】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    実際のところは?

    【【ケンカ】大村愛知県知事「東京と大阪は医療崩壊!何を言いつくろっても結果だ」】の続きを読む


    【返してー】寝屋川市で10万円給付 約1000世帯に2重給付のミス!?

    やっぱ出たか・・・

    NO.8520476
    10万円一律給付 約1000世帯に2重給付のミス 大阪 寝屋川市
    10万円一律給付 約1000世帯に2重給付のミス 大阪 寝屋川市
    新型コロナウイルスの感染拡大を受けた現金10万円の一律給付を進めていた大阪 寝屋川市は、およそ1000世帯2196人に2重に給付するミスがあったと明らかにしました。

    払いすぎた額は合わせて2億1960万円に上るということで、寝屋川市は今後、払いすぎた世帯に返金を求めていくとしています。

    寝屋川市によりますと、10万円の一律給付について26日、993世帯の2196人に対して合わせて2億1960万円、2重に給付するミスが起きました。

    市では、振り込みが終わった人をリスト化したデータをつくり、2重振り込みなどのミスが起きていないかチェックしていましたが、何らかの原因でこのデータの一部が更新されず、すでに給付した人に再び、振り込んでしまったということです。

    データの管理は市独自の仕組みで行い、ミスが分かるまでデータの最終確認は、職員1人が担当していたということで、市ではミスを受けて、ダブルチェックをする体制に改めたということです。

    寝屋川市は、払いすぎた世帯に電話で連絡をとり、謝罪と経緯の説明を進めていて、今後、振り込み用紙を送って返金してもらうとしています。

    寝屋川市の広瀬慶輔市長は「市民の信頼を裏切ることになり申し訳なく思います」と謝罪したうえで、「われわれのミスであり、誠意を尽くして説明し、返金のお願いをしたい」と述べました。



    【日時】2020年05月28日 12:42
    【ソース】NHK


    【【返してー】寝屋川市で10万円給付 約1000世帯に2重給付のミス!?】の続きを読む


    【告発】日テレ『世界仰天ニュース』、番組協力者が「全然違う」指摘で「ヤラセ」批判噴出!?

    真実は???

    NO.8521642
    日テレ『世界仰天ニュース』、番組協力者が“告発”! 「全然違う」指摘で「ヤラセ」批判噴出
    日テレ『世界仰天ニュース』、番組協力者が“告発”! 「全然違う」指摘で「ヤラセ」批判噴出
    日本テレビ系で放送されているドキュメントバラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース』。

    現在、同番組の編集に対する“告発”が行われ、ネット上で物議を醸している。

    5月26日放送の同番組では、「美を追求した落とし穴&顔面崩壊からの復活」というテーマで、世界各国からのエピソードを紹介。

    このトリを飾ったのが、「白米ばかり食べていた」という日本の女性の体験談だった。

    「この女性は、大学時代に失恋した際、『やせていたら嫌われなかったのでは?』と考えたのがきっかけで、食に関する本に興味を持ったと紹介されていました。
    その結果、日本の伝統的な食文化に興味を持ち、白米にはたんぱく質や脂質、ミネラルが多く含まれていると知ったため、白米ばかり食べるようになったとか。しかし、偏った食生活のためか、坂道を登るのが困難になったほか、胸の痛みに襲われるようになったそう。番組では、体調不良の原因を、白米ばかり食べていたために『ビタミンB1が不足していた』と分析していました」(芸能ライター) 

    しかし、放送翌日の27日、この女性が自身のTwitterで「お米ばかり食べるきっかけがなぜかお米の栄養素に着目したことになってた。全然違う」と、番組内容について指摘。

    「お米の文化的側面に魅了されたことを説明したし、栄養素を気にして食事をすることは嫌いだと散々説明した。番組制作者が理解できないことは事実ではないことなのか」と、怒気をにじませている。

    「女性はほかにも、『当時坂道を登れなくなったのはビタミンB1不足なんかではなく、ガリガリに痩せすぎて筋肉が落ちまくったから(と取材時に説明した)』『ビタミンB1話はどこからやってきたのか。当時医師からもそんな指摘はされていない』と主張し、番組の編集に異を唱えています。
    この件に対し、ネット上では『テレビ業界ってこんなのばかり。ストーリーありきで、ほぼヤラセだよね』『テレビのことが本当に信用ならない……』など、テレビ局を批判する声が多くなっています。また、この女性のツイートには『私がテレビに出演したときにも似たようなことをされた』といったリプライが数件ついており、テレビや雑誌、ラジオなどのメディアに対する“告発祭り”のような状況になっていますね」(同)

     こうした問題は、5月7日に放送された情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)でも起きている。

    新型コロナウイルスに関するインタビューを受けた医師が、本来は「PCR検査を増やすのは得策ではない」と主張していたものの、番組によって「増やすべきである」と真逆の主張をしているように編集をされたと、Facebookで抗議したのだ。

    これにより、番組では同12日に訂正放送を行っている。

    どちらの件も、SNSによる発信が問題発覚のきっかけとなった。

    『仰天ニュース』の件は現時点で真相が不明なものの、個人による“告発”が簡単にできる今、恣意的な編集を行うリスクが非常に高いことを、テレビ業界は肝に銘じるべきだろう。
    【日時】2020年05月28日 18:37
    【提供】サイゾーウーマン


    【【告発】日テレ『世界仰天ニュース』、番組協力者が「全然違う」指摘で「ヤラセ」批判噴出!?】の続きを読む

    このページのトップヘ