にほんのニュース

日本の中で起きた様々なニュースをジャンル問わず、ひろーく・ゆるーく紹介していきます( `・∀・´)ノ

    2020年04月



    (出典 www.nippon.com)



    【【コロナ】東京都、新たに112人感染 計4059人に!】の続きを読む


    【悲報】来県者への検温中止!職員への脅迫相次ぐ 岡山県の新型コロナ対策


    NO.8412941
    来県者への検温中止 職員への脅迫相次ぐ 岡山県の新型コロナ対策
    来県者への検温中止 職員への脅迫相次ぐ 岡山県の新型コロナ対策
    岡山県は28日、新型コロナウイルス対策として、29日に実施予定だった来県者に対する検温を中止すると発表した。

    職員に対し「危害を加える」といった脅迫電話が相次いだため、安全を確保できないと判断した。

    伊原木隆太知事が24日の記者会見で「岡山に来たことを後悔するようになれば」などと発言したことが関連するとみられ、知事は28日、「自分の発言に大変な反発があった。多くの方に不快な思いをさせたことをおわびする」と語った。



    【日時】2020年04月28日 10:30
    【ソース】時事通信


    【【悲報】来県者への検温中止!職員への脅迫相次ぐ 岡山県の新型コロナ対策】の続きを読む



    NO.8409532
    ねずみ大群出没 飲食店休業で餌不足か 北九州 新型コロナ影響
    ねずみ大群出没 飲食店休業で餌不足か 北九州 新型コロナ影響
    新型コロナウイルスの感染拡大の影響で多くの飲食店が休業している北九州市の繁華街で、ねずみの大群が出没しています。

    ねずみの駆除業者は休業で餌が少なくなったことなどから、活発に活動をしているのではないかと指摘しています。

    居酒屋など多くの飲食店が休業したり夜の営業を取りやめたりしている北九州市のJR小倉駅近くの繁華街では、午後9時ごろになると通りに数十匹のねずみが現れ、道路脇のゴミなどをあさる様子が確認されています。

    映像を見た全国のねずみ駆除業者などで作る協議会の谷川力委員長によると、生ゴミなどが主食のドブネズミと見られ、ふだんはビルとビルの間の狭い空間や植え込みの中にいるということです。

    また、ねずみが増えているわけではなく、人通りが減って警戒心が低くなっていることに加え、飲食店の休業で餌が少なくなったことから人前に現れ、活発に活動しているのではないかと指摘しています。

    そして、餌を求めて住宅街などに活動範囲を広げることも懸念されるということです。

    谷川委員長は「世界中でこのような事例が増えている。繁華街に定着していたねずみが住宅地に広がるおそれがあるのか調べていきたい」と話しています。



    【日時】2020年04月27日 11:50
    【ソース】NHK


    【【驚愕】ねずみ大群出没 飲食店休業で餌不足か?北九州 新型コロナ影響】の続きを読む


    【今度は】しまむら店員からSOS相次ぐ!「感染対策」求める声、運営企業の見解は?


    NO.8411613
    しまむら店員からSOS相次ぐ 「感染対策」求める声、運営企業の見解は
    しまむら店員からSOS相次ぐ 「感染対策」求める声、運営企業の見解は
    大手衣料品チェーン「ファッションセンターしまむら」の店員だとする人々から、感染が怖いので会社は店を休業してほしいなどと、ツイッター上やJ-CASTニュースの情報提供フォームに多数の声が寄せられている。

    しまむら側は、感染防止対策を強化していると説明している。

    なぜこんな騒ぎになっているのだろうか。

    ■外出自粛などの影響で、売り上げは昨年より3割減というが...

    「外出自粛などの影響で客数は減っており、既存店の4月度の売り上げは、昨年より30%ほど減っています。店内や通路は広く、人の密度も減っており、集中して混み合っているということはないです」店内の状況について、しまむらの企画室は2020年4月27日、J-CASTニュースの取材にこう説明した。

    同社は近年、激しい競争の中で苦戦が続いていると報じられ、業績立て直しのため、2月21日付で社長も交代した。

    今後は、赤字が多い店舗を徐々に減らすとも報じられている。

    そして、新型コロナウイルスの感染拡大で、4月27日現在でショッピングモールなどに入居する70店が休業し、1000店以上の路面店では、全店で短縮営業に踏み切った。

    その影響も、売り上げなどに出ているという。

    そんな厳しい環境の中にあって、SOSを寄せた店員らからは、客が相次いで店を訪れ、感染が広がるのが不安だとする声が次々に寄せられている。

    社員として働いているという広島県内の女性は26日、こう訴えた。

    「マスクもせず、咳やくしゃみをした手であちこち触りまくるお客様、近距離で接客させられ、お札を舐めて渡され、首回りを計れと言われても断ってはいけない、こんな環境で毎日毎日感染の恐怖に怯えながら働いています」

    ■「客のほとんどが物色するだけで、自粛とは何か問いたくなる」
    この女性は、店員らが毎日200人近い接客をし、更衣室での採寸について客に丁重に断った同僚が店長に叱責されるのを見たとしている。

    従業員の精神状態も限界に近づいているとして、「会社は、このゴールデンウィークだけの休業も応じてくれません。しかし、本社は私達には公表せず、自分達だけ5割が休んでいます」と不満をぶつけている。

    本社が出勤率5割減にしているとの投稿は、ほかのユーザーからも寄せられた。

    また、パートをしているという愛知県内の女性は、感染対策の不十分さを訴えた。



    【日時】2020年04月27日 21:39
    【ソース】J-CASTニュース
    【関連掲示板】


    【【今度は】しまむら店員からSOS相次ぐ!「感染対策」求める声、運営企業の見解は?】の続きを読む



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)



    【【悲報】自慢目的でタワマンを買った中産階級!コロナで"引くも進むも地獄"状態に】の続きを読む

    このページのトップヘ