にほんのニュース

日本の中で起きた様々なニュースをジャンル問わず、ひろーく・ゆるーく紹介していきます( `・∀・´)ノ

    2020年01月



    NO.8144031
    武漢からのチャーター機、自腹で片道1人8万円 料金基準は
    武漢からのチャーター機、自腹で片道1人8万円 料金基準は
    中国・武漢市(湖北省)で発生した新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、現地に住む日本人206人が29日朝、日本政府のチャーター機で羽田空港に帰国した。

    外務省によると、感染症の流行に伴い、政府がチャーター便で日本人の帰国を支援するのは今回が初めて。

    運航は全日空が担当し、機内には医師と看護師が乗り込んで検疫を実施した。

    このほか、中国への支援物資としてマスク約2万枚や防護服50セットも運んだという。

    政府はこれまでも、デモによる治安悪化などの際に、邦人退避のためのチャーター機を派遣した。

    近年では2011年初め、エジプトの反政府デモの影響で足止めされた観光客ら463人を計3便でイタリア・ローマまで運んだ。

    1999年の東ティモール独立をめぐる住民投票による騒乱や、02年にインド・パキスタン情勢の緊張が高まった際にもチャーター便を運航した。

    今回のチャーター便では、エコノミークラスの正規料金に当たる片道1人約8万円(税別)を搭乗した人に払ってもらう予定だ。



    【日時】2020年01月29日 10:53
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】


    【【どうなる?】武漢からのチャーター機、自腹で片道1人8万円 料金基準は?】の続きを読む



    (出典 www.sankeibiz.jp)



    【【新型肺炎】コロナウイルス感染者の運転手、山梨にも滞在?知事「国から情報来ない・・・」】の続きを読む



    NO.8144237
    不倫報道の東出昌大、芸能界から「擁護派」が現れてきたワケ メディア批判も…
    不倫報道の東出昌大、芸能界から「擁護派」が現れてきたワケ メディア批判も…
    先週『週刊文春』(文藝春秋)にて報じられた、俳優の東出昌大と女優の唐田えりかが約3年間に渡って不倫関係を続けていたスキャンダルは、世間に衝撃を与えた。東出は妻の杏に「もう会わない」と宣言するも、隠れて連絡を取り合っていた実態が報じられたほか、相手の唐田のインスタグラムに「匂わせ」と見られる画像が登場するなど、事態を見ると、東出に非難集中といったことになりそうだが、意外にも少ないながら擁護派の声も出ている。

    ナインティナインの岡村隆史は、1月23日深夜放送の『オールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、「不倫ってこんなにあかんことやったっけ」と疑問を呈した。さらに、仕事で会った東出の印象は「バリアのないいい人」であったとも語っている。

    23日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、密かな炎上系ご意見番となりつつある中条きよしが「(不倫は)女房子供がいて会うなら1回」「後を引くような付き合い方をしてはいけない」と話し、「回数の問題ではない」と非難が殺到してしまった。

    岡村や中条の場合は「不倫はそれほど悪なのか」と疑問を呈し、「持論を展開」といったところだろう。

    もう一つの擁護の流れは、東出を過剰な報道の被害者と見るものである。23日放送の『とくダネ!』(同)では、国際政治学者の三浦瑠麗氏が「妻以外としてはいけないというスタンダードを私たちは置きたいのか」と疑問を呈し、不倫が騒がれる風潮に疑問を呈した。

    お笑い芸人の土田晃之も、26日放送の『土田晃之:日曜のへそ』(ニッポン放送)において、「夫婦の問題で我々がギャーギャー言うことではない」と釘を刺し、2人がおしどり夫婦と言われたことにも「周りが言っているだけ」と牽制した。

    三浦氏や土田の場合は、メディア報道のあり方に疑問を呈しているとも言えるだろう。東出の例に限らず、ベッキーのゲス不倫などでもあったような、当人に非難が殺到し、芸能人生の抹殺に至りかねない状況があるのは確かであろう。東出の不倫も、その繰り返しかと呆れる声があるのもうなずける。



    【日時】2020年01月28日 12:20
    【ソース】リアルライブ


    【【不倫】東出昌大さん、芸能界から「擁護派」が現れてきたワケ?】の続きを読む



    NO.8144241
    青山めぐ、下乳のエロさは「みな実」超え!? あの「50万部売れた写真集」のパロディグラビアが話題
    青山めぐ、下乳のエロさは「みな実」超え!? あの「50万部売れた写真集」のパロディグラビアが話題
    人気バラエティ『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)への出演をきっかけに人気に火が付いたタレント・青山めぐ(31)が、あの「50万部売れた写真集」のパロディグラビアを公開。

    本家を超えるほどの抜群のプロポーションとノリの良さに称賛の声が沸き起こり、男性ファンの熱い視線を集めている。

    27日放送の『月曜から夜ふかし』では、数々のおバカなセクシー企画に嫌な顔ひとつせず協力しくれた青山に恩を返すため、3月14日に発売されるファースト写真集の応援企画を放送した。

    だが、当然ながら普通の応援の仕方ではなく、その方法とは「例の50万部売れた写真集にあやかって、同じポーズを撮ってみる」というもの。

    もちろん「50万部売れた写真集」とは、フリーアナウンサーの田中みな実(33)の初写真集『Sincerely yours…』(宝島社)のことだろう。

    普通なら「他人の写真集カットを真似する」というのは、プライドを傷つけかねない行為でムッとされてもおかしくない。

    ところが、番組スタッフが「あのカットをパクるんですよ?」と確認すると、青山は「パクりましょう、是非!」とノリノリ。

    「プライドとか大丈夫?」と念を押されても、満面の笑顔で「大丈夫!」と返し、そのまま会議室で写真撮影が敢行された。

    撮影された写真は、Tシャツをたくし上げて下乳をあらわにしているカットや上半身ヌードで横乳をあらわにしながらプリ尻を露出しているバックショットなど。

    いずれも、例の「50万部売れた写真集」で話題になったポーズそのままだ。

    放送後、青山は自身のSNSで「ご視聴ありがとうございました! 番組内で @takuyaiioka カメラマンに撮っていただいた写真…!! 究極、会議室でも写真集は作れると思いました…! とても5分で撮ったとは思えない」と報告。

    それと同時に、番組で撮影した写真を公開した。

    これにネット上では「スタイルが素晴らしすぎる」「例の写真集よりエロい!」「よくぞ地上波でここまで」「美人なのにノリがいい!」などと絶賛コメントが殺到。

    惚れ惚れするようなパーフェクトボディと性格美人をうかがわせるノリの良さに魅了される男性が続出している。

    また、青山は29日夜に放送される人気バラエティ『今夜くらべてみました』(同)にゲスト出演。

    「猫に依存する女たち」というテーマで、18匹の猫を飼う「芸能界最強猫愛女子」として登場する。

    さらに、人気コミックを原作にした4月スタートの中村倫也(33)主演の連続ドラマ『美食探偵 明智五郎』(同)に女優として出演することも決定。

    グラビア、バラエティ、女優業と、八面六臂の活躍で本格ブレイクへと突き進んでいる。

    端正なルックスや日本人離れしたスーパーボディはもちろんのこと、ノリのいい明るい性格も人気の秘訣となっている青山。

    「かなり攻めてる」というファースト写真集が本格ブレイクのきっかけとなるのか、期待はふくらむばかりだ。
    【日時】2020年01月29日 12:30
    【提供】メンズサイゾー
    【関連掲示板】


    【【芸能】青山めぐ、下乳のエロさは「みな実」超えか!?】の続きを読む



    NO.8144239
    競艇八百長事件で元レーサーら再逮捕 計18レースで3400万受け取った疑い
    競艇八百長事件で元レーサーら再逮捕 計18レースで3400万受け取った疑い
    大津市であったボートレースで意図的に順位を落として報酬を授受したとする八百長事件で、名古屋地検特捜部は28日、別の18レースでも八百長をして現金計3425万円を授受したとして、元ボートレーサーの西川昌希容疑者(29)=住所不定=と、親族の会社員、増川遵容疑者(53)=津市=をモーターボート競走法違反(贈・収賄、不正競走)の容疑で再逮捕した。

    再逮捕容疑は2019年1月22日から9月21日にかけ、全国10カ所のモーターボート競走場で開かれた計18レースで、西川容疑者を1〜3着に含まない3連単の舟券を増川容疑者が購入した際は4着以下に、2着か3着に入る舟券を購入した際は2着か3着になるようゴールし、レース後に増川容疑者が西川容疑者に計3425万円を渡したとしている。

    特捜部によると、大津市のレースと同様、西川容疑者はスマートフォンを競走場に不正に持ち込み、レース直前に増川容疑者と連絡を取り合っていたという。

    報酬は1レース当たり数十万〜数百万円で、山口県と愛知県の競走場では1日に2レースで八百長をしていたとした。

    また、18レース中10レースが第1号艇で、レースに有利な内側コースを悪用して意図的に順位を下げていたとみられる。

    関係者によると、2人は16年ごろから各地のレースで不正を繰り返し、増川容疑者の口座には19年9月までに数億円の入金記録があったという。

    特捜部はこの日、大津市であったレースで八百長をし300万円を授受したとして、2人を同法違反で起訴した。

    再逮捕を受け、競技運営団体の日本モーターボート競走会(東京)は「事件の全容が一刻も早く解明されるよう、引き続き全面的に捜査に協力する。再発防止に全力で取り組んでまいりたい」とコメントした。



    【日時】2020年01月28日 20:16
    【ソース】毎日新聞
    【関連掲示板】


    【【八百長】競艇八百長事件で元レーサーら再逮捕!計18レースで3400万受け取った疑い…】の続きを読む

    このページのトップヘ