にほんのニュース

日本の中で起きた様々なニュースをジャンル問わず、ひろーく・ゆるーく紹介していきます( `・∀・´)ノ

    2019年07月


    スマホが売れずに続々閉店… 疲弊する「携帯ショップ」の実情(マネーポストWEB) - Yahoo!ニュース
    総務省が発表した平成30年の『情報通信白書』によれば、個人のスマートフォン保有率は過去最高となる84%を記録。ただこれは前年の83.6%とほぼ変わらず、横ばいの ...
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【【閉店】携帯ショップ怒涛の閉店ラッシュ!窓口の待ち時間半日待ちへ…】の続きを読む


    日々仕事に追われる現代人の必需品のエナジーリンクですが、アサヒ飲料から発売されている「ドデカミン」をご存知でしょうか。エナジーリンクと言えば、小さい缶をグイッと飲んでリフレッシュするものですが、ドデカミンはペットボトルに入った大容量が人気です。そのドデカミンが抱える「悩み」が話題になっています。

    ドデカミンのことどれだけ知っていますか?

    エナジーリンクである「ドデカミン」ですが、12の元気成分が入ってることを知っていますか?アサヒ飲料はドデカミンに関する意識調査をした結果、ドデカミンに含まれる12の元気成分を知っている人は「0人」であることが発覚しました。ドデカミンはエナジーリンクなのに、長所であるはずの成分は一切認知されていません。

    では、ドデカミンの長所ってどこなのでしょうか。

    みんなの思う長所とは

    意識調査の結果を受けて寄せられたコメントのほとんどは、「味わい」や「大容量」が好きだというものです。ちょっと予定していたイメージとは違いましたが、なんだかんだ人気のドデカミンは健在です。

    自虐の始まり

    たくさんコメントを貰ったけれどドデカミンは、「わたしの長所、結局デカいことだよね」と自虐に走ってしまいます。手始めにドデカさをアピールする広告を作成してしまいます。

    止まらない暴走

    なぜかドデカミンの姓名判断を行ない、ドデカいパワーを秘めていることをアピールしています。しかし、暴走はそれだけでは終わりません。「バンジージャンプ」「キャップ投げ」と活動の幅がどんどん広がっていきます。ドデカい容量だけではなく、内に秘めるスケールのドデカさにも圧倒されます。一体ドデカミンはどこへ向かっているのか、今後の活躍にも目が離せません。

    また、初代ドデカ・ミンとして活動する才木玲佳さんの動きにも要注目です。

    掲載元:https://www.asahiinryo.co.jp/dodecamin/sp/



    画像が見られない場合はこちら
    ドデカミン、認知されなさすぎてついに「自虐」に走る!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    今までの努力はなんだったんだ…「アサヒ ドデカミン」“結局、デカいが、とりえです。”をテーマに掲げ、3月22日(金)から情報発信をスタート - PR TIMES
    アサヒ飲料株式会社のプレスリリース(2019年3月22日 10時00分)今までの努力はなんだったんだ…[アサヒ ドデカミン]“結局、デカいが、とりえです。”をテーマに掲げ、3 ...
    (出典:PR TIMES)



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲報】ドデカミンの自虐ネタ】の続きを読む



    【【先生】立民・塩村文夏議員の過去のやらかしが話題!】の続きを読む


    【ホントに?】釈由美子、“ギャラ未払いタダ働き”報道!



    (出典 img.cinematoday.jp)



    女優の釈由美子(41歳)が7月30日、公式ブログを更新し、一部メディアが報じた「ギャラ未払い」について説明している。

    この報道は、現在発売中の写真週刊誌FLASH」が「釈由美子、タダ働き1年半『給料1000万円』未払いトラブル」と伝えたもの。同誌は釈の所属事務所が「深刻な経営難」に見舞われ、給料の支払いが滞っているとした上で、元社員の話として、釈と事務所の「信頼関係は崩壊しています」などと報じた。

    釈はこの日、「報道につきまして」と題するエントリーを更新し、「この度、一部週刊誌に掲載された件でファンの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません」とお詫び。  

    そして「事務所のHPでもコメントがありましたとおり この度の報道の発端はトミーアーティストカンパニー代表の倉持氏が記者さんの取材にお答えして記事になったものです。本来ならタレントの情報について、注意深く管理しなければならないはずの事務所から、不用意にこのような情報が出されたことに正直困惑していますが 記事の内容について誤解を招く間違った内容も多く見られましたので、訂正させていただきます。詳しくは事務所の発表の方でもお伝えしておりますので、ご確認頂けますと幸いです」と、事務所ホームページを案内した。

    さらに釈は「デビュー以来、お世話になりました創業者のトミー社長が3年前に退任されてから、会社の代表が何人も交代するという混乱に翻弄されながらも、粛々とお仕事をさせて頂いておりました。そのような背景のなか、今回のような報道で世間の皆様をお騒がせしてしまったことを大変遺憾に思います。今後につきましては、トミーアーティストカンパニーと協議のうえ進んで参りますので まずは、応援してくださるファンの皆様、かねてよりお付き合い頂いております関係者の皆様にご心配、ご迷惑をお掛けいたしましたことを重ねてお詫び申し上げます」とつづっている。

    所属事務所は今回の報道について、公式サイトで「『1年半に渡り、弊社がタレント釈由美子に給与を支払っていなかった』という報道がございますが、これは事実と異なります」「ただし、数年に渡り本来支払うべき金額を過少に見積もった金額をお支払いしていたことは事実であり、積算された本来受け取る金額との差額について、釈氏と協議の上、支払計画を講じて支払いをしております」などと説明している。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ホントに?】釈由美子、“ギャラ未払いタダ働き”報道!】の続きを読む



    【【国会】れいわ2議員の国会内での介護費用は参院負担へ】の続きを読む

    このページのトップヘ