にほんのニュース

日本の中で起きた様々なニュースをジャンル問わず、ひろーく・ゆるーく紹介していきます( `・∀・´)ノ

    2019年05月


    【悲報】社内行事を嫌がる若者



    【【悲報】社内行事を嫌がる若者】の続きを読む


    【朗報】アラビックヤマトが救世主に!?




    【【朗報】アラビックヤマトが救世主に!?】の続きを読む


    「逃げるな!」女子高生が痴漢を猛追、30代男を逮捕 赤羽駅


    NO.7498729
    「逃げるな!」女子高生が痴漢を猛追、30代男を逮捕 赤羽駅
    「逃げるな!」女子高生が痴漢を猛追、30代男を逮捕 赤羽駅
    ホームを逃げるスーツ姿の男。

    東京のJR赤羽駅で、わいせつな行為をしたとして逮捕された。

    制服姿の女性たちに追いかけられる男は、足をかけられ大きく転倒する場面も。

    何が起きたのだろうか。

    「逃げるな!」

    響き渡る、女性の声。

    肩にバッグをかけ白い袋を持ち、ホーム上を激走するスーツ姿の男が。

    すると男は、ホームに居合わせた男性に足をかけられ、大きく転倒。

    それでも、必死に逃走を続ける。

    さらに、そのあとを制服姿の女性が追う様子も。

    これは、28日朝、東京のJR赤羽駅構内で撮影された映像。

    警視庁によると、動画に映るのは30代の男で、未成年の女性に対しわいせつな行為をした疑いで現行犯逮捕されたという。

    動画を撮影したのは、通学中の男子学生。

    当時の状況について──

    動画を撮影した男子学生「(男は)ただ必死に走っている感じでした。追われているから逃げようという感じ。逃走する男と、それを追いかける女子高生が『逃げるな』といいながら走っていたので、痴漢しかないなと」

    撮影した男子学生によると、追いかけていた女性らは、当時3人組だったという。

    動画を撮影した男子学生..


    【日時】2019年05月30日
    【ソース】日テレNEWS24
    【関連掲示板】


    【「逃げるな!」女子高生が痴漢を猛追、30代男を逮捕 赤羽駅】の続きを読む


    安倍晋三首相、衆院解散風に言及「コントロールできない」


    NO.7498386
    安倍晋三首相、衆院解散風に言及「コントロールできない」
    安倍晋三首相、衆院解散風に言及「コントロールできない」
    安倍晋三首相は30日、東京都内で開かれた経団連の定時総会であいさつし、衆院解散の可能性を意味する「風」に言及した。

    「風という言葉には今、永田町も大変敏感だ。一つだけ言えるのは、風というものは気まぐれで、誰かがコントロールできるようなものではない」と述べた。

    夏の参院選に合わせた衆参同日選への臆測が広がる中、自ら「解散風」に触れ、野党をけん制した形だ。

    首相は4月の訪米時にトランプ大統領とゴルフをした際の天気を「すごい風だった」と振り返り、今月26日に大統領と千葉県で行った際には風があまり吹いていなかったと話した後、永田町の「風」に話題を転じた。



    【日時】2019年05月30日 16:04
    【ソース】共同通信


    【安倍晋三首相、衆院解散風に言及「コントロールできない」】の続きを読む



     警察による強引な職務質問は今に始まったことではなく、定期的に話題になったりもする。しかし現在、東京ではいつになくヒドい職質が増えているのだ!



    ◆重要行事で警戒強化か、ブラックなノルマか



     4月末、都内の給水管設備工事会社代表の男性が、違法な取り調べや身体拘束があったとして東京都を提訴した。工事後にコンビニに立ち寄ったところ警視庁中野署の警察官に職務質問(以下、職質)を求められ、車中に仕事で使用する工具があったことから軽犯罪法違反容疑で翌朝まで勾留されたというのだ。



     騒動を報じた「弁護士ドットコム」(4月26日付)によれば、当時警視庁管内で職質キャンペーンが行われており、工事業者を狙い撃ちにした職質が相次いでいたという。



     工事業者が作業に必要な工具を所持していて何が悪いのか、まったく腑に落ちないが、こうした強引な職質が最近、都心で増えている。SPA!の取材によって明らかになった最近の職質事例は、下記のとおりだ。



    =========

    ◆「納得いかない」職質に異議アリ



    CASE① 赤坂/会社員 45歳】

    ◆残業後、疲れているのに強引な職質に遭った!




     最近、深夜の繁華街でよく職質をやっている。残業後、赤坂で少し飲んで終電を逃し、繁華街から離れたところでタクシーを探していたら声をかけられた。スーツ姿だったのに……。明らかに年下の警察官がタメ口だったのでカチンときて「任意のはずだ」と拒否したら増員を呼ばれ「公務執行妨害になるよ。会社クビになっちゃってもいいの?」と脅された。しぶしぶカバンを見せると、嫌がらせのように丹念に調べていた。酔客に対し、わざと挑発的な態度で興奮させるのが手口なの?



    CASE② 豊洲/自営業 35歳】

    ◆令状がないのに私有地にまで追いかけてきた!




     夜の10時ごろ、自宅マンションの駐車場入り口の前で停車してスマホメールチェックしていたところ、2人組の警察官に「車内を見せてくれ」と言われた。免許証の住所を示して「ここに住んでいる者だ」と伝えたが、譲らない。「任意であれば拒否します」と言い残し、車を発進させて駐車場に入ったところ、若い警察官2人が追いかけてきた。そこで車から降り、「令状なしに私有地に入っていいんですか?」と問うと、2人の警察は顔を見合わせて沈黙。その場を立ち去った。



    CASE錦糸町大学生 22歳】

    ポケモンGOをしていたら、身体検査で30分も“拘束”




     午後10時ごろ、近くの公園で2人組の警察官に声をかけられた。花粉防止の黒いマスクをして同じところを行ったり来たりしていたことで怪しまれたようですが、ポケモンGOをしていただけ。持ち物検査に従うも、彼らはスウェットのポケットから出てきたヘアピンにこだわった。「君、短髪だよね?」と聞かれ、「お札を束ねるビルクリップ代わりに使っていた」と答えるもなかなか信じてくれず、30分ほど身体検査された。おかげでそこそこレアなポケモンを取り損ねましたよ。



    CASE④ 池袋/会社員 41歳】

    ◆仕事の電話中に割り込み職質。所属署に電話すると退散




     夜の8時くらいに、路上で仕事の電話をしていたら通話中にもかかわらず2人組の警察官に職質された。電話相手に断って通話を中断し、警察官の求めに従って身分証を見せたが、今度はカバンの中を確認したいという。「仕事中なので、少し待ってくれ」と言うも聞き入れてくれない。腹が立ったので管轄の警察署に電話して、事の次第を伝えた。すると、やはり彼らの職質には問題があったようで、署から彼らの元に連絡が入り、渋々謝罪したあと、そそくさと去っていきました。



    CASE⑤ 中落合/会社員 35歳】

    ◆3か月で4回も同じ場所で自転車の登録チェック




     近所の交差点で、週末深夜に行われている自転車の防犯登録確認がかなり物々しい。4車線道路が合わさる交差点の四隅のうち二隅に警官が3人ずつ配置され、私はここ3か月の間にすでに4回も止められた。防犯登録番号を照合する間に、「どこに行っていたか?」とか「仕事は何?」などと聞かれ、持ち物を見られることもある。私がそこを通るのはいつも同じ時間帯なので、いいかげん顔を覚えてほしい。職質を無視した若者を警察官が追いかけているのを見たこともあります。



    CASEお台場/主婦 39歳】

    コンビニに出かけただけなのに執拗につきまとわれた




     夜11時ごろ、翌朝に子供たちに食べさせる卵を買うため、近所のコンビニに出かけたら警察官に呼び止められた。身分証の提示を求めてきたが、持っていなかったので、住所と名前を言わされた。「付近で空き巣の被害が増えている」というのが職質の理由でした。凶悪犯罪が起きた場合、区の防犯情報メールが送られてくるはずですが、受信した覚えもない。ママ友ネットワークでも空き巣の話はなかった。そもそも洗い髪にサンダル履きの私が本当に空き巣に見えたの?

    =========



     ケース①のように、一般市民を脅すような態度も言語道断だが、⑥は職質に合理性が感じられない。そもそも②や④のように、現場の警察官が職質のルールをよく理解していない場合もあり、悪質であると同時に、稚拙と言ってもいいかもしれない。



     いったい、何が起きているのか。警視庁管内の各署で開かれる警察署協議会の最新の議事録をチェックしたところ、複数の署で「職務質問の強化」が謳われていた。しかし、警視庁広報課に問い合わせたところ、なぜか「(中野署の一件が係争中につき、職質が増えているかどうかの部分も含め)回答を差し控えたい」と何も教えてくれなかった。



     警視庁の現役警察官は匿名を条件にこう話す。



    警視庁管内で職質を増やしているというのは事実です。ここ数か月で言えば、改元とトランプ訪日という大イベントが続いたこともある。ただ、最も大きい要因は東京五輪でしょうね。五輪までまだ1年以上ありますが、現場の警察官の職質技能の向上のため、実践経験を積ませる目的で特に湾岸エリアなどでは職質を励行していると聞いています」



     つまり、市民を使って職質の練習をしているということなのか。



     強引な職質が横行する原因について、「ノルマ」の存在を指摘するのは警察の事情に詳しいジャーナリストの寺澤有氏だ。



    警視庁では年に数回、職質を強化するキャンペーンが行われますが、そのたびにノルマが設定される。ノルマ未達成だと、まず有給休暇が取りにくくなり、未達状態が続くと出世にも大きく響いて、果ては給与にも影響する。そうした状況を避けたい現場の警察官のなかには、おとなしく従いそうな人やイチャモンをつけやすい若者を狙って職質をしようという動機が生まれる。



     たとえ、無辜の市民に濡れ衣を着せている可能性があるとしても、自分の生活が大切ですからね。中野の工事業者の一件と類似したケースでは、木箱に入れた包丁を持って研ぎ師のところに行く途中に職質に遭い、銃刀法違反で捕まった杉並区内の居酒屋の板前さんもいました」



    ◆職質を端緒に露見した犯罪は約4万件も



     警察組織のブラック体質が、歪んだ職質を生んでいるということか。一方で、防犯コンサルタントの吉川祐二氏は警察OBとしてこう理解を呼びかける。



    「犯罪の発見や検挙のきっかけを掴むうえで、職質の効率は突出して高く、警察官の最大の武器と言ってもいい。一方で、警察もさまざまな批判があるのは重々承知しており、組織としては最大限の注意を払って行うよう、現場の警察官に指導しているそうです」



     事実、職質の有効性を示すデータもある。’17年度の「警察庁統計」によると、全国の刑法犯総数31.6万件のうち、職質が端緒となったものは約4万件と、およそ8分の1を占めているのだ。さらにいまだ猛威を振るう特殊詐欺に関しても、職質がきっかけで摘発にいたるケースが増えており、昨年はそうした事例が前年の3倍超に達したという。犯人検挙に効果があることも確かなのだ。



     治安向上は市民共通の願いだが、現場の警察官には気持ちよく職質に協力できるような体制を整えてもらいたいものだ。



    ※週刊SPA!5/28日発売号「「ヒドい職質」が急増中」特集より

    <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部 写真/AFP=時事>





    都内の繁華街での職質の光景。2人の若者が所持品チェックを受けている様子


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲報】「ヒドすぎる職質」が急増中!?】の続きを読む

    このページのトップヘ